スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾サイン会レポ #3

はい、ずいぶん間が空いちゃいましたね。
忘れてたわけではないんですよ? ほ、ほんとですよ?

あ、本題の前に。

森羅万象を統べる者4巻
10/25発売予定です!!

よろしくお願いします!!



では、台湾出張3日目。
サイン会当日のまとめレポ開始です。

一回目、二回目の記事はこちらをどうぞ。
台湾サイン会レポ #1
台湾サイン会レポ #2


この日は朝から台湾の書店さん巡りをしました。

まずはアニメイト台北旗艦店様。
1_20130915001502f0a.jpg
2_20130915001502300.jpg


こんな感じで大きく展開してくださってました。
天井からつり下げられたポップとか大きすぎて全体が映らない。

ちなみに
童顔巨乳VS可愛小蘿莉
というのは
ロリ巨乳VSかわいいロリ
という意味なのだとか。うん、そのまんま。


お次が茵德可絲(インデックス)様。
3_201309150023523d4.jpg

売り場はこんな感じ。

4_20130915002353525.jpg
5_20130915002354d2d.jpg

ポスターにサインを入れて、サイン色紙も書きました。

このあたりから
「ああ、このあとサイン会なんだ」
という実感が高まり始めました。


間にお昼ご飯を挟み、蛙蛙書店様へ。
6_201309150029268ea.jpg

こちらにもサイン色紙を一枚ずつ。
有河先生がさらさらっとイラストを描いちゃったので一同驚愕。はっやーい!


と、3店舗ほど専門店をめぐったのですが、どこも日本のアニメイトやゲーマーズといった専門店と変わらず、すごく見慣れた感じでした。


そして、ついにサイン会本番。

会場では控え室に通され、控え室のボードにサインを。
7_201309150033421f5.jpg

………………って、野水伊織さんのサインがあるぅ!?

どうやら前日(?)に野水さんが来られていたそうです。
あー、驚いた! 写真超撮ったよ!

さておき。
サイン会自体はつつがなく進行しました。

感想としては、とにかく参加者の熱気がすごい。

ステージ後ろの大判ポスターにサインする時なんて、
「「「おっぱい!! おっぱい!! おっぱい!!」」」
と謎のおっぱいコール。
司会のお姉さんがかなり煽ってました。

コールを聞きつつ、あえて別のところにサインを書くと
「「「あぁぁぁぁ…………↓」」」
と一斉に悲しみの声が。

違うの! サイン書いたら見づらくなるでしょ!
そのままの鈴莉のおっぱいを見たいでしょ!?

……コホン。取り乱しました。
続き続き。

でもって、花束をいただいたり、質問があったり、メディア撮影があったり。
初体験の連続をこなして、サイン開始。

これはまあ、結構すんなり滞りなく。
日本でも台湾でも訓練されっぷりは同じだなー、と。

驚いたのは、女性が意外といたこと。
だいたい一割は女性だったかな?
一人いるかいないかでしょう、とか高をくくっていたのでこれには本当に驚きました。

ともあれ、
サイン会に来てくださった皆さん、ありがとうございました!!


さて、サイン会後は青文出版様のブースにお邪魔しました。
8_2013091500495356e.jpg

こちらでも大きくスペースを取っていただいて、感謝感謝です。

9_20130915005302e76.jpg

本以外にも、グッズセットに入っていたクリアファイルやタオルのバラ売りもしていました。
見本を見ると、本当にタオルとして売っていいのか怪しい肌色具合でした。

ブースの壁に貼られたポスターもこの絵だったので、いろいろと危ないです。


その夜は、もう見た目からして豪華なメニューのお店で打ち上げでした。
写真なんて撮れるような感じじゃないです。
お酒もおいしかった!

ご飯が終わったあとは、マッサージ。
全身グリグリとマッサージされて、痛かったです。
(言えば加減をしてくれるとあとで知りました)
でも、体は楽になったように感じました。


という3日目を終えて、最終日。

この日は伝統朝食体験ということで、
10_201309150101056d1.jpg

こんな感じのものを食べました。
ナンとベーグルの中間っぽい生地で、卵焼きを挟んだ感じです。
素朴でおいしい。

そのあと、お店を移動して
11_20130915010702bcd.jpg

ドーン!!
でっかいマンゴーかき氷!!

果肉ごろごろ。アイスものってて、氷は日本と違ってシャリシャリ系ではなくきめ細かい。
これがおいしい!


さて、そんな幸せなひとときを過ごして、空港へ。
アテンドさんや運転手さんに4日間のお礼を告げて、我々は日本に帰国しました。

というわけで、3回にわたった台湾サイン会レポはこれにて終了。

今回このような機会を設けてくださった青文出版様や関係者の方々、誠にありがとうございました。
改めてお礼申し上げます。



それではまた次の機会にー。

台湾サイン会レポ #2

というわけで台湾サイン会(観光)レポ2回目ですー。

一回目はこちらをどうぞ。
台湾サイン会レポ #1

台湾に到着して二日目。
この日も予定表によると観光。

というわけで、故宮博物館というところを案内してもらいました。
撮影禁止だから写真はないのであしからず。
撮影禁止の札の前で撮りまくってる観光客いましたが。

ここでは世界一有名な白菜を見たり、なかなかに有名らしい角煮を見たりしました。

ええ、食堂じゃないです。博物館です。

その正体は鉱石から作られた、白菜や角煮なのです。

すごく小さかったです。
でも精巧で、食品サンプルみたいでした。
世界最古の食品サンプルだったりするのでしょうか?

で、お昼。
博物館に併設しているレストランへ案内されて……されて……
まさかの個室!!
しかもターンテーブルもついてて、メニューを見るとなんとコース!!
台湾出張二日目昼食
コースメニュー


もう出てくる料理出てくる料理おいしい!
某ゴチ番組でしか見たことのないような初めて食べるものばかり。

その中の一部を。

3_201308262244029c1.jpg
4_20130826224403a28.jpg
5_201308262244009bf.jpg

6_20130826224401261.jpg
7.jpg
8.jpg
9.jpg


こんな感じ。
とにかく豪華でした!

ちなみに二枚目の白菜が世界一有名な白菜を模した料理です。
結構再現度高い。

お昼ご飯を終えた私たちはもう一度博物館の見切れなかったところを周り、車で移動。

着いたのが、忠烈祠というところ。

ここで見学したのがここを守る衛兵の交代式。

10.jpg
こんな感じで一糸乱れぬ兵隊のパフォーマンスを見ました。
バトントワリングみたいに銃を回したりしていてなかなかに見応えが。

ここで驚いたのが、日に何度もある交代式で歩く道は完璧に決まっているようで、その通り道には歩いてついたあとがずっと残ってそこだけ轍みたいに変色してたということ。
いやほんとお疲れ様です。

そしてお疲れ様なのは、交代式が終わったあとも。

門のところに衛兵が立つのですが、それが全然動かない。
マネキンを疑って……でも、汗だくなので「ああ、やっぱり生きてるんだ」と再確認するレベルで動かない。
11.jpg

この体勢のまま微動だにしないのですごかったです。

さて、そろそろ夕方。
移動した先は
12.jpg

台北101!!
大きい!!


ここの展望台から徐々に夜景になっていく外を眺めたり、
13.jpg

巨大なダンパーを見て「おお……」とか言ったりしました。
ちなみにやたら目立ってるのは台北101のマスコットキャラだそうです。

この台北101ではずっと有河先生と工学系のお話をしていたような気がします。
世界一速いエレベーターとかこのダンパーとか台北101の構造とかとか。

その後、鼎泰豐という小籠包の有名店で夕食に。
14.jpg

ここがまたおいしい。
小籠包もおいしいし、空心菜の炒め物やラーメン系のものもおいしかったです。

最後に、夜市を少し見学してホテルへ。
がっつり一日観光させていただきました。

というところでレポ2回目も終了。

次回は今度こそ今回の目的、サイン会周りについてを。

ではまた次の機会にー。

台湾サイン会レポ #1

ただいま日本! 

台湾サイン会から帰ってきたので、サイン会前後の観光を含め、簡単にまとめておこうかと。

――――そう、思っていたら、

【台湾レポ(。・ω・。)】水月紗鳥先生・有河サトル先生@台北漫画博2013『森羅万象を統べる者』サイン会!(2013/8/19)

担当さんが帰国翌日に早速まとめてくれてました!
はっやーい!

なので、ざっくりと見たい人は上のリンクから編集部ブログの方をどうぞ。
こちらは感想交えつつまったりやろうかなーと。

記事分量的に長くなりそうなので、数日に分けて、何回か投稿したいと思います。
全体数がわからないので気長にどうぞ。
あと、今回から画像クリックでちょっと大きなものが見られるようにしました。


では、一日目から。

渋谷集合で羽田空港を目指す私と有河先生、担当さんの三人。

もうこの時点で三人ともテンション超高い。
有河先生に電車のいろいろを教えてもらったり、モノレールが海に入る(?)ところでわーきゃー言ったり。
私は荷造りが終わらず徹夜テンション。

で、羽田空港。
ここでまず問題が。

私はdocomoユーザーなのですが、海外で使うためには『ローミング設定』とやらをオンにしなければならないそうです。

そこで設定画面に……画面に…………
あれ? フリーズしてエラー吐いて開けない……?

ちょうどドコモショップが空港内にあったため急いでドコモショップへ。

いろいろ店員さんといじった結果
「壊れてますねー。ここでは直せないので最寄りの店舗で修理に出してください♪」
と爽やかな笑みでお姉さんに一刀両断される私。

困りました。
台湾でTwitterできないじゃないですか。
モバマスもできないじゃないですか。
ログインボーナスとフェスどうするんですか!

というわけで、ラウンジで必死にスマホをいじる私。

ここで補足ー。

今回は青文出版様(台湾で『森羅万象を統べる者』を出版してくださっている出版社)のご厚意で、三人ともビジネスクラスの飛行機をとっていただきました。

そして、ビジネスクラス以上のお客には専用のラウンジが存在するのです。

詳しくは調べてもらうとして、簡単に。
バイキング形式で軽食……とは名ばかりの、カレーやうどんからお菓子まで、下手な店よりよっぽどおいしい料理が食べられたり、飲み物が飲めたり。
広々としたラウンジで休んだりパソコンを充電できたりする、優雅な空間なのです。
全部無料!

さて、話を戻して。
そのラウンジで症状を検索したり、本来入っちゃいけないようなスマホ内のサービス領域に入ったりすること10分少々――――直った!!
本気でさっきの店員に「直ったよー!」と言いに行きたくなりました。

朝っぱらから結構ガチに頭を回転させたので、無駄に疲れました……。

と、ここまでが出国前。

飛行機はさっきも書いたようにビジネスクラス。
座席一つ一つが広いし、近未来的にいろいろついてたりしてここでもテンションが上がる上がる。

機内食はこんな感じ↓
機内食行き
今回私は洋食を注文しました。

機内では『あぶない刑事』を発見したのでそれを見たり、ボーとしながら過ごすこと数時間。

ついに――台湾に到着!!

そこから青文さんのアテンドさん(観光ガイド兼通訳的な人)と合流、車に乗ってホテルへゴー。

いったんホテルに荷物を置いたりして休憩……なのですが、
ホテル

広い!!

これで一人の部屋です。
ベッドとかキングサイズくらいあるんじゃないでしょうか。
なんか二個くっついてました。

ウェルカムスイーツがおいてあったり、
浴室
こんな感じで洗面浴室が大理石(?)だったり。

しかもこの洗面浴室。よくあるビジネスホテル的なものと違って、浴槽とシャワールームが別々。トイレはトイレで区切られている。という豪華仕様。
こんな豪華なところに泊っていいの……? とガクブルする私たち。

そんな広い部屋でちょっと休憩して、事前ミーティングへ。
これはあっさり終わり、観光へ出発。
淡水という街を案内してもらいました。

淡水駅
こんな感じの駅を見たり

1日目夕食
飲茶の有名店で夕食を食べたり
(超おいしかった!)

1日目夜景
夜景を見ながらお散歩したり

私の希望で台湾のマックによってもらったりしました。

マックに関しては食べてないので割愛。
メニューが半分ぐらい違う感じで、期間限定メニューも独自でした。

とまあ、こんな感じで一日目が終了。

ホテルに戻って二日目に備えて休息へ。


記事もずいぶん長くなったので、このあたりで台湾レポ一回目は終了しようかと。

ではまた次の機会にー。

台湾サイン会

というわけで、
『森羅万象を統べる者』サイン会
です。

当たり前ですが、サイン会なんて人生初です!
それなのになぜかいきなり、海外です! 台湾です!
わけわかりません!

えっと、詳細ですが……というか、日本の方はそうそう行けないので、ほんとお知らせだけになってしまって恐縮なのですが。

まず、
『森羅万象を統べる者』のサイン会なので、私・水月紗鳥と有河サトル先生が出席します。
みんな! 有河先生のサインもらいにいこうね! 私のはちょくちょく出回ってるよ!

さてそんな本音はおいといて。

『2013 台北漫画博覧会』というイベント内でのサイン会となります。
このイベント、なにやら台湾では大きな漫画とかアニメとかのイベントらしいです。
書かれてる中国語(?)が読めないからよくわからないの……。

なので、詳細は以下のURLで!
台湾版『森羅万象を統べる者』を出版してくださっている青文出版さんのイベントページになります。

http://www.ching-win.com.tw/event/2013/2013ccpa/signature1.html

さて、簡単にわかっている範囲でまとめますと、

イベント自体は8/15~8/20まで。
サイン会はその中の8/19に行われます。

でもって、なんだかサイン会にあわせてグッズとかいろいろ作ってくださっています。
こちらで上げようにもアップロード制限で画像が小さくなるので、やっぱり詳細は上のURLをご確認ください。

グッズがいろいろ入ったサイン会セットを買うと、サイン会に参加できるそうです。

グッズ詳細は……ええ、イベントページはやっぱり読めないので、知らされている範囲で。


○携帯バッグ
ケータイとかスマホとかを入れるポーチ……だと思います。
たぶんイベントページのグッズがある真ん中のSD詞香。

○長タオル
これはそのまんま長いタオル……って、待て!
イベントページ右下がそうだと思うけど、いいのかこれは!?
日本国内的には森羅万象2巻のゲーマーズ特典ですが、タオルにしちゃっていいの!? なんていうか、倫理的に!
まあ、その……はい。手に入った方はお使いください(意味深)

気を取り直して、続き。

○A4クリアファイル3枚組
グッズでおなじみ、クリアファイル。
イベントページ上段の3つかな?

○特製アクリルサイン板
イベントページ中段左。
これは正直、どんなものかわかってません。
これにサインを書くそうです……?

○収納ボックス
イベントページ下段左ですね。
なにかを収納するボックスだそうです。(説明になっていない)
本を収納するボックスのかな……? 違ってたらごめんなさい。


という感じです。

上記サイン会セットのうち、
○長タオル
○クリアファイル

は単体でも販売するようです。


あとは、台湾版の森羅万象2巻も同時発売っぽいです……?

なんだかイベントページの上に詞香を出してくださったり。
前にブログでも取り上げましたが、大々的に展開してくださって、ほんとありがとうございます。

えーと……まだなにかありそうな気もしますが、正直なところ展開がすごくて把握し切れてないので、もし行かれる方がいましたら、探してみてください。
あとでレポください!(他力本願)


とりあえず、以上!

初のサイン会ですが、頑張ってきたいと思います。

ではまた次の機会にー。

森羅万象を統べる者Ⅲ 店舗特典とかとか

6月25日発売
森羅万象を統べる者Ⅲ
〝閉じた小部屋〟下

店舗特典紹介ですよー。


いつも通り、担当さんがきれいにまとめてくださっているので、基本はそっちをご確認ください。
↓リンクです。
【特典情報】6月25日発売『森羅万象を統べる者Ⅲ』【台湾でも人気!?】

というわけで、こっちは簡易まとめを。

今回は4店舗様で特典がつきます。
いつもたくさん書き下ろしてくれて有河サトル先生、ありがとうございます。

● WonderGOO様
カバーイラスト差分のポストカード(皐月)

● アニブロゲーマーズ様
描き下ろし掛け替えブックカバー(皐月)

●とらのあな様
描き下ろし掛け替えブックカバー(鈴莉)

●南海ブックス様
書き下ろしSSペーパー


南海ブックス様ではさらに
『マチ☆アソビVol.10』で配布したSSペーパー
復刻していただけることになりました!
このSSペーパーの詳細に関しては一つ前の記事をご覧ください。

6/25~7/25の間、『森羅万象を統べる者』既刊購入でもらえるそうです。
さらに、ネット通販でも特典SSペーパー付きが購入できるようです。
これで徳島県民以外もゲットできるよ!
詳しくは上の方のリンクから編集部ブログをご覧ください。

もちろん復刻SSペーパーと3巻の特典SSペーパーとは内容が別ですので、ご安心を。
どちらも徳島ネタを含んだ書き下ろしとなっております。
地元民以外でも楽しめる仕様となっているので、ぜひこの機会に。


さてその『マチ☆アソビVol.10』
帰省に合わせて私も遊びに行ってきました。

編集部ブログにも載っていますが

『マチ☆アソビVol.10』店舗展開


こんな感じで特設ブースまで作ってくださっていました。
南海ブックス様、ありがとうございます!

真ん中のサイン色紙は人生初書きだったのですが、友人たちから「字が下手」とつっこまれ済みなのでじっくり見たりして粗探しとかやめてくださいほんとやめてください泣きます。

ちなみにこの写真、私が撮ったものなので構図とかが下手なのはご容赦を。
そもそもスマホ画質ですし、アップロードの容量限界ありますし……。


そして編集部ブログと同じ流れでいくなら台湾での展開。

こちらはなんだかすごくいろいろとしてくださっていたようで。
青文出版社様ありがとうございます!
恐縮しきりです。


というわけで、今回は森羅万象を統べる者Ⅲの店舗特典紹介と『マチ☆アソビVol.10』での展開報告と台湾での展開報告の三本立てでした。

6/25発売
森羅万象を統べる者Ⅲ 〝閉じた小部屋〟下
よろしくお願いします。

ではまた次の機会にー。


2013/06/20 一部追記
プロフィール

Author:水月 紗鳥
 
●水月 紗鳥(みづき さとり)

●徳島県出身、埼玉県在住の引きこもり作家

●『森羅万象を統べる者』
 1~4巻MF文庫J様より発売中

●Lump of Sugar様
 ”コドモノアソビ”
 シナリオ執筆

●[第8回MF文庫Jライトノベル新人賞]にて佳作を受賞し、作家のスタートラインへと立ったばかり

●不定期更新=日常にネタがあれば

●口調や性格がころころ変わりますが、そのときのテンションなのでご容赦を

●なにかありましたら拍手からお願いします

●お仕事のご依頼、個人的な連絡は
 satori.midu♪gmail.com
 (♪を半角@に変えてください)までどうぞ

●画像や文章の無断転載はご遠慮ください

●詳細プロフィールとお仕事履歴は↓のプロフィールをご覧ください

カテゴリ
過去のあれやそれ
カウンター
最新記事
Twitter
リンク
コドモノアソビ
森羅万象を統べる者
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。