スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾サイン会レポ #3

はい、ずいぶん間が空いちゃいましたね。
忘れてたわけではないんですよ? ほ、ほんとですよ?

あ、本題の前に。

森羅万象を統べる者4巻
10/25発売予定です!!

よろしくお願いします!!



では、台湾出張3日目。
サイン会当日のまとめレポ開始です。

一回目、二回目の記事はこちらをどうぞ。
台湾サイン会レポ #1
台湾サイン会レポ #2


この日は朝から台湾の書店さん巡りをしました。

まずはアニメイト台北旗艦店様。
1_20130915001502f0a.jpg
2_20130915001502300.jpg


こんな感じで大きく展開してくださってました。
天井からつり下げられたポップとか大きすぎて全体が映らない。

ちなみに
童顔巨乳VS可愛小蘿莉
というのは
ロリ巨乳VSかわいいロリ
という意味なのだとか。うん、そのまんま。


お次が茵德可絲(インデックス)様。
3_201309150023523d4.jpg

売り場はこんな感じ。

4_20130915002353525.jpg
5_20130915002354d2d.jpg

ポスターにサインを入れて、サイン色紙も書きました。

このあたりから
「ああ、このあとサイン会なんだ」
という実感が高まり始めました。


間にお昼ご飯を挟み、蛙蛙書店様へ。
6_201309150029268ea.jpg

こちらにもサイン色紙を一枚ずつ。
有河先生がさらさらっとイラストを描いちゃったので一同驚愕。はっやーい!


と、3店舗ほど専門店をめぐったのですが、どこも日本のアニメイトやゲーマーズといった専門店と変わらず、すごく見慣れた感じでした。


そして、ついにサイン会本番。

会場では控え室に通され、控え室のボードにサインを。
7_201309150033421f5.jpg

………………って、野水伊織さんのサインがあるぅ!?

どうやら前日(?)に野水さんが来られていたそうです。
あー、驚いた! 写真超撮ったよ!

さておき。
サイン会自体はつつがなく進行しました。

感想としては、とにかく参加者の熱気がすごい。

ステージ後ろの大判ポスターにサインする時なんて、
「「「おっぱい!! おっぱい!! おっぱい!!」」」
と謎のおっぱいコール。
司会のお姉さんがかなり煽ってました。

コールを聞きつつ、あえて別のところにサインを書くと
「「「あぁぁぁぁ…………↓」」」
と一斉に悲しみの声が。

違うの! サイン書いたら見づらくなるでしょ!
そのままの鈴莉のおっぱいを見たいでしょ!?

……コホン。取り乱しました。
続き続き。

でもって、花束をいただいたり、質問があったり、メディア撮影があったり。
初体験の連続をこなして、サイン開始。

これはまあ、結構すんなり滞りなく。
日本でも台湾でも訓練されっぷりは同じだなー、と。

驚いたのは、女性が意外といたこと。
だいたい一割は女性だったかな?
一人いるかいないかでしょう、とか高をくくっていたのでこれには本当に驚きました。

ともあれ、
サイン会に来てくださった皆さん、ありがとうございました!!


さて、サイン会後は青文出版様のブースにお邪魔しました。
8_2013091500495356e.jpg

こちらでも大きくスペースを取っていただいて、感謝感謝です。

9_20130915005302e76.jpg

本以外にも、グッズセットに入っていたクリアファイルやタオルのバラ売りもしていました。
見本を見ると、本当にタオルとして売っていいのか怪しい肌色具合でした。

ブースの壁に貼られたポスターもこの絵だったので、いろいろと危ないです。


その夜は、もう見た目からして豪華なメニューのお店で打ち上げでした。
写真なんて撮れるような感じじゃないです。
お酒もおいしかった!

ご飯が終わったあとは、マッサージ。
全身グリグリとマッサージされて、痛かったです。
(言えば加減をしてくれるとあとで知りました)
でも、体は楽になったように感じました。


という3日目を終えて、最終日。

この日は伝統朝食体験ということで、
10_201309150101056d1.jpg

こんな感じのものを食べました。
ナンとベーグルの中間っぽい生地で、卵焼きを挟んだ感じです。
素朴でおいしい。

そのあと、お店を移動して
11_20130915010702bcd.jpg

ドーン!!
でっかいマンゴーかき氷!!

果肉ごろごろ。アイスものってて、氷は日本と違ってシャリシャリ系ではなくきめ細かい。
これがおいしい!


さて、そんな幸せなひとときを過ごして、空港へ。
アテンドさんや運転手さんに4日間のお礼を告げて、我々は日本に帰国しました。

というわけで、3回にわたった台湾サイン会レポはこれにて終了。

今回このような機会を設けてくださった青文出版様や関係者の方々、誠にありがとうございました。
改めてお礼申し上げます。



それではまた次の機会にー。
プロフィール

水月 紗鳥

Author:水月 紗鳥
 
●水月 紗鳥(みづき さとり)

●徳島県出身、埼玉県在住の引きこもり作家

●『森羅万象を統べる者』
 1~4巻MF文庫J様より発売中

●Lump of Sugar様
 ”コドモノアソビ”
 シナリオ執筆

●[第8回MF文庫Jライトノベル新人賞]にて佳作を受賞し、作家のスタートラインへと立ったばかり

●不定期更新=日常にネタがあれば

●口調や性格がころころ変わりますが、そのときのテンションなのでご容赦を

●なにかありましたら拍手からお願いします

●お仕事のご依頼、個人的な連絡は
 satori.midu♪gmail.com
 (♪を半角@に変えてください)までどうぞ

●画像や文章の無断転載はご遠慮ください

●詳細プロフィールとお仕事履歴は↓のプロフィールをご覧ください

カテゴリ
過去のあれやそれ
カウンター
最新記事
Twitter
リンク
コドモノアソビ
森羅万象を統べる者
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。