スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ル・グラン トマト/ソーセージ 感想

る・ぐらん!

ル・グラン トマト


ル・グラン ソーセージ


今回のバーガーはマクドナルドの『世界の★★★マック』シリーズ第一弾、
『ル・グラン トマト』と『ル・グラン ソーセージ』。


まずは、『ル・グラン トマト』。
写真は上の方だね。

いつも通りまずは構成。上から、
バンズ→バターソース→レタス→トマト→パティ→チーズ→バンズ。
うん、盛りだくさん。

注目点は二つ。

一つは、バンズになっている特製のチャバタパン。
これはもっちりしっとりしていて、いつものマックのバーガーバンズを想像していると、ちょっと不思議な感じを味わえるかも。

味自体は普通のバンズ。
ちょっと甘めのような気もするけれど、後述するように結構全体が主張し合った味なので、食感以外は埋もれ気味。

そして二つ目、バターソース。
正直これは、食べてみるまでどういう味かよくわからなかったのだけど

バターそのもの!

あのパンに塗って溶けたバターとか、そんな感じ。
香りや味もそのもので、かなり乳製品らしいきつさが。

個々は悪くないのだけど、トマトの酸味がきつすぎたり、バターソースがさわやか系の中にあってちょっとくどすぎる印象。

総評としては、バーガーというより、ちょっと重めのサンドイッチ。
トマトを入れたバーガーはその傾向が強くなりがちだけど、これはバターソースで駄目押ししてるなあ、と。

個人的評価は、2/5
ボリュームは1/4ポンドパティもあって問題なしなのだけど、ちょっと全体的にちぐはぐ。


では、続いて『ル・グラン ソーセージ』。
写真は下側。

こっちの構成も、上から、
バンズ→マスタードレリッシュソース→レタス→ソーセージ→パティ→チーズ→バンズ。

では、恒例の。

※以下の感想は、『マスタードレリッシュソース抜き』での感想です。開発者の意図した味や正しいものとはかけ離れている可能性が多分にありますので、ご注意を。

ル・グラン トマトとル・グラン ソーセージは姉妹品だけあって、基本パーツは同じ。
なので特徴的なバンズは上のトマトの方を参照してください。同じもののはずです。

違いとしては、ソースと具材。
ソーセージの方は名の通り、トマトではなくソーセージが入っており、ソースもそれに合わせたマスタードレリッシュソースに。

まずは一言。

肉々しい!!

1/4ポンドパティに追加でポークソーセージが入っているのだから当たり前だけど、食べてるとかなり肉の感じが。

そのポークソーセージはペッパーが入っていて、これが 苦手な人にはちょっときつく感じるかも。
でも、大丈夫な人にとってはいい刺激になって食が進む進む。

そしてパティ下のモツァレラチーズがその刺激を若干和らげ、まろやかにして調和。

たぶん、マスタードレリッシュソースが入っているつまみっぽい感じにもなったんじゃないかな? と。

個人的評価は、3/5
おいしいしボリュームもあるのだけど、ちょっと高めの値段と肉度合いがあまりにも高すぎるかなあ、と。
肉好き(それもビーフ&ポーク、同時とか最高!)って人にはおすすめ。

ちなみに、両方に共通することだけど、レタスはかなり少なかったです。
ソーセージの方は特にもうちょっとあった方が箸休め的にさっぱりできて良かったかも。

『世界の★★★マック』シリーズはまだ続くので、次回に期待したいところ。

ではまた次の機会にー。
プロフィール

水月 紗鳥

Author:水月 紗鳥
 
●水月 紗鳥(みづき さとり)

●徳島県出身、埼玉県在住の引きこもり作家

●『森羅万象を統べる者』
 1~4巻MF文庫J様より発売中

●Lump of Sugar様
 ”コドモノアソビ”
 シナリオ執筆

●[第8回MF文庫Jライトノベル新人賞]にて佳作を受賞し、作家のスタートラインへと立ったばかり

●不定期更新=日常にネタがあれば

●口調や性格がころころ変わりますが、そのときのテンションなのでご容赦を

●なにかありましたら拍手からお願いします

●お仕事のご依頼、個人的な連絡は
 satori.midu♪gmail.com
 (♪を半角@に変えてください)までどうぞ

●画像や文章の無断転載はご遠慮ください

●詳細プロフィールとお仕事履歴は↓のプロフィールをご覧ください

カテゴリ
過去のあれやそれ
カウンター
最新記事
Twitter
リンク
コドモノアソビ
森羅万象を統べる者
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。